脱毛に関するQ&A

しつこい勧誘をうまく断る方法は?

エステサロンに通っています。サービス自体に不満はないのですが、スタッフの方から他サービスなどの勧誘がしつこくて困っています。勧誘をうまく断る方法はありますか?
最近は「勧誘しない」と謳うサロンもありますが、やはり勧誘を受けることは多いようですね。
近年脱毛の価格が下がり、とっても安いキャンペーンや体験コースがありますが、それら自体は赤字であることも多々あります。
ですから、他の部位の脱毛やケア用品などの商品で売り上げを得たいのでしょう。

勧誘はサロンによっても、また店舗やスタッフによってもその強さが変わってきますが、やはりあまり勧誘されると落ち着けなくて、通うのもおっくうになってしまいますよね。
とはいっても、断って雰囲気が悪くなったり施術の手を抜かれたりしても困ります。
そういう点を心配して強く断れない方も多いのではないでしょうか。

一番のポイントは、勧誘させないこと

勧誘されるのは「商品を買ってくれそうな人」ですよね。
ですから、「商品を買ってくれなさそうな人」になればいいのです。

例えば、職業を聞かれたときに「無職」「学生」「専業主婦」などと答える。
そうすると、自由になるお金が少ないだろう、とスタッフは考えるので強い勧誘はしにくくなります。
「専業主婦」の場合は「夫に相談しないと・・・」と断ることもできますね。

他にも、雑談の中で「お金に余裕がない」と感じさせるのも効果的です。
「最近、友達の結婚ラッシュでご祝儀貧乏ですよ〜」
「〇〇したいから貯金のために節約してるんです」
何でもいいので、お金ないのよ、と匂わせておけば勧誘を受けにくくなります。
もし勧誘されても断りやすいはずです。

けん制の方法としては、「前に体験に行ったサロンでしつこい勧誘を受けた。それにうんざりしてこちらのサロンに来たんですよ。」なんて言っておくのも有効。
「しつこい勧誘をする場合は店舗をかえる」という意思表示にもなります。

それでも勧誘を続けてくる場合には、買う気がないという意思をしっかりと伝えるしかありません。
「今は考えていません」ときっぱり言いましょう。
断る申し訳なさから説明を熱心に聞いてしまう、ちょっと考えるフリをする、という方もいますが、それは逆効果なので気を付けて。
気まずさがあるかもしれませんが、にこやかに「買いません」と言ってしまえば大丈夫ですよ。

それでも勧誘が止まない場合、スタッフへクレームを入れるという手段も考えられます。
「〇〇さんは営業がきついので担当にしないでほしい」
「これ以上続くならサロンをかえる」
直接言うのが無理なら、電話でも構いません。
意思を伝えることでサロン側も対処をするはずです。

ソフトなものから強気なものまで、勧誘への対応は様々ですが、断ったからと言って施術の手を抜かれるなどと言った心配はありません。
もしそのようなことがあってクレームを入れられたら、そちらの方ががお店の損失ですよね。
ですから契約している内容はきちんと実施してくれるでしょう。
むしろ、しっかりと気持ちを伝えた方が長い目で見ればサロンとの関係性は良好になるはずです。
勇気をもってきっぱりと断って、快適なサロンタイムを過ごしてくださいね。

おすすめの脱毛サロン おすすめの家庭用脱毛器